作業員

好きな人はいない!ゴキブリ駆除は徹底的に行なおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

不快害虫を根絶する

ゴキブリ

ベイト剤の効果

何度ゴキブリ駆除をしても、すぐに再発してしまう場合は、まずゴキブリの侵入経路を塞ぐことが重要です。ゴキブリは1.5mmの隙間があれば侵入できると言われています。ドアや窓の隙間はもちろん、排水口や換気口からも入ってくることが多いため、ネットなどを使ってしっかりとガードする必要があります。よくゴキブリ駆除に使われる燻煙剤は、卵にまでは効果がないため、しばらく時間が経つと新しいゴキブリが孵化してしまいます。これを防ぐためには、定期的に燻煙を繰り返さなければなりません。これに対して遅効性のベイト剤は、卵にも効果を及ぼすのが特徴です。また巣で死んだゴキブリの死骸を仲間が食べ、連鎖的に駆除効果を発揮するというメリットもあります。

安全性にも配慮

プロの害虫駆除業者の多くも、ゴキブリ駆除にベイト剤を利用しています。最大の効果を上げるためには、毒エサの設置場所に気をつける必要があります。また他にエサとなるものを放置しないよう注意しなければなりません。専門業者はこうしたノウハウに通じているだけでなく、ゴキブリの侵入経路を塞ぐことにも慣れています。同じ効率で駆除するにしても、できるだけ薬剤の使用量を抑えることにより、安全性は高く環境負荷は小さくなるため人気があります。とりわけ飲食店では、一匹のゴキブリが客足に大きな影響を与える恐れがあり、徹底的なゴキブリ駆除が欠かせません。安心を確保するため、専門家による定期的な駆除サービスを利用する店舗が増えています。

自宅の蜂は駆除しよう

蜂の巣

自宅の蜂の巣を退治する場合、ひと手間加えると安全性が高くなります。白い服を着たり、素肌を出さない事です。しかし不安がある場合には、業者に依頼しましょう。蜂の巣を見つけたら、焦って刺激しないよう用心が必要です。下手に退治すると、襲ってくることがあるからです。見つけたら業者へ相談するのが安心です。

Read More